ナチュラルスキンケアのN-in(エヌ・イン)公式オンラインストア

素肌華やぐスキンケア Nのチカラで10年先も美しく

【顔の紫外線対策】UVケアの化粧下地でお肌を守ろう

【顔の紫外線対策】UVケアの化粧下地でお肌を守ろう

外出時に気になることと言えば、シミやシワの原因になる「紫外線」ではないでしょうか。
肌をしっかり守るためには、紫外線の正しい知識を身につけることが大切です。
そこで今回は、紫外線がお肌に与える影響や、紫外線量が増えるタイミングなどを詳しく解説していきます。
あわせて紫外線対策におすすめの化粧下地をご紹介します。

紫外線がお肌に与える影響

そもそも太陽の光は、大きく「赤外線」「可視光線」「紫外線」の3つに分けられます。
さらに紫外線は波長が長い順にUV-A、UV-B、UV-Cに分類できます。
肌への影響が強いUV-A、UV-Bの特徴をわかりやすく解説していきます。

紫外線にお悩みの女性のイメージ

UV-A

3つの中で最も波長が長いUV-Aは、オゾン層にほぼ吸収されることなく地表まで到達します。
肌に急激な変化は起こしませんが、波長が長いため真皮まで届き、ハリや弾力をつくりだす細胞を壊すため、シミやたるみの原因になります。
一年中、くもりや雨も関係なく降り降り注いでおり、窓ガラスを通り抜けて家の中にまで届くので「生活紫外線」とも呼ばれます。
日常的に注意が必要で、日頃から家やオフィスで窓側に座っている方や車によく乗る方は特に気をつけましょう。

UV-B

UV-Bはオゾン層で大部分が吸収されますが、一部は地表に到達します。
UV-Aよりも波長は短いので、真皮までは届きませんが肌へのダメージは強く、たくさん浴びると炎症を起こし、シミやそばかすの原因になります。
「レジャー紫外線」とも呼ばれ、スポーツやレジャーなどで屋外に長時間いる際には、注意が必要です。

紫外線量が増えるのはいつ?

紫外線は常に降り注いでいますが、季節、時刻、天候によって紫外線量は異なります。
春から夏にかけて紫外線量は多くなり、そして秋から冬にかけて減少していきます。
しかし、冬に紫外線量がまったくなくなるわけではありません。
冬でもUV-Aは夏の半分程度、UV-Bでも約1/5の量はあります。

また、1日の中でも紫外線量は異なります。
通常、紫外線量は午前10時~午後2時にピークを迎えます。
そして徐々に減少しますが、夕方でも少なからず紫外線は降り注いでいます。
そのため、紫外線が気になる方は、帰宅時も忘れずに日焼け止めを塗るようにしましょう。
さらに、快晴時だけでなく、くもりの日でも快晴時の約60%、雨の日でも約30%の紫外線が地表に届いています。
しかも、雲の間から太陽が出ている際には、雲からの散乱光が加わり、快晴時よりも紫外線量が多くなる場合があります。

強い日差しのイメージ

紫外線の反射に注意

私たちは空からの紫外線だけでなく、地表面からも反射した紫外線を浴びています。
地表面がアスファルトの場合、紫外線反射率は約10%ですが、砂浜や水面では20%前後、新雪では約80%にも達します。
そのため、夏の海水やプール、冬のスキー場では、入念な紫外線対策を心がけましょう。

顔のUVケアには「N-in メイクアップベース UV」がおすすめ

紫外線は一年中ケアすることが大切です。
とはいってもこまめに日焼け止めを塗るのは意外に手間がかかります。
そこでおすすめなのが、日焼け止め効果を兼ね備えた化粧下地です。
毎日のメイクと一緒にUVケアができるので、メイク時間の短縮にもつながります。

選ぶ際は日焼け止めやUVカット効果がある化粧品は、意外と刺激が強いものが多いため、まずは肌負担が少ないかを確認しましょう。
特に1時間以内の通勤・通学、買い物、散歩などの外出時を中心にUV対策したい方は、肌に負担のかかる、SPF値の高いものを塗る必要はなく、SPF値が低く肌の負担が少ない日焼け止めや化粧下地などで十分ケアができます。
また、化粧下地は毎日使うことの多いアイテムです。
くすみやシミがしっかりカバーでき、保湿成分や美容成分の高い商品を選びましょう。
中でも肌に栄養を与えたり、使いながら肌ケアできたりするものなら、メイクの仕上がりも期待できます。

そこでおすすめなのが「N-in メイクアップベース UV」です。
ナチュラルカラーの化粧下地で、年齢を問わずどんなお肌にも合わせやすいのが特徴です。
また、ナノ化されたコラーゲンやヒアルロン酸が配合され、保湿しながら素肌を守ってくれます。
無香料・無着色・無鉱物油・ノンパラペンで刺激が少ないのもうれしいポイントです。

朝の時間がない時にあれこれ手間をかけたくない方は、肌にやさしく1本で何役もこなしてくれる化粧下地を積極的に取り入れるとよいでしょう。

N-inメイクアップベース UV
N-inメイクアップベース UV N-inメイクアップベース UV

まとめ

紫外線は夏場だけでなく一年中降り注いでいるため、きちんとケアしないと肌がダメージを受け、シミやシワの原因になります。
そのため、日傘やサングラスなどのグッズを取り入れながらも、日焼け止めやUVケアできる化粧下地やファンデーションなどを使って、普段から無理なくUVケアを行いましょう。